オモシロ総研「もっと光を!」

アクセスカウンタ

zoom RSS #94 日本人好みの音楽を作る法則

<<   作成日時 : 2008/10/31 09:58   >>

トラックバック 0 / コメント 0

突然ですが、問題です。

F△7→G7→Em7→Am

さて、これは何でしょう?
ピアノやギターなどの楽器をを少しでもかじったことのある方なら、これが音楽のコード進行だということはお分かりかもしれません。

それがどうしたって?

そりゃそうです。
特に音楽を聴いたり歌ったりするのするのは好きだけど、弾いたり作ったりするのには興味がないという人には単なるアルファベットの羅列にしか過ぎません。

しかし、もしこのコード進行が「日本人好みのヒット曲を作る魔法のような方程式」だとしたらいかがですか?
ちょっとは興味が出てきませんか?

例えば、みなさんもよくご存じの大ヒット曲を挙げてみましょう。

瞳をとじて [平井堅] (2004)
オリビアを聴きながら [杏里] (1978)
いとしのエリー [サザンオールスターズ] (1979)
悲しい色やね [上田正樹] (1982)
シーズンインザサン [TUBE] (1986)
世界でいちばん熱い夏 [プリンセス・プリンセス] (1989)
ロビンソン [スピッツ] (1995)
White Love [SPEED] (1997)
LOVEマシーン [モーニング娘。] (1999)
Everything [MISIA] (2000)
Fragile[Every Little Thing] (2001)
さくら[ケツメイシ] (2005)

これらの曲(のサビ)がすべて同じコード進行でできていると聞いたら、あなたは信じられますか?
信じられないという方は、ぜひこちらの動画をご覧下さい。

JPOPサウンドの核心部分が、実は1つのコード進行で出来ていた 前編


JPOPサウンドの核心部分が、実は1つのコード進行で出来ていた 後編


百聞は一見にしかずというか、百聞は一聴にしかずというか、とにかくすごい説得力です。
脱帽です、参りました。

個人的には、知る人ぞ知るフジテレビの名番組「音楽の正体」を見たとき以来の感動でした。

この動画を制作し、公開している音楽家の音極道さんが書いているように、こうした動画が合法的に公開できるようになったのは、ニコニコ動画がJASRACと提携したおかげ。
前回のエントリーで書いたように、YouTubeもJASRACと提携する方向のようですから、今後、こうした有意義な動画がますます増えるに違いありません。

というより、本当はテレビ屋がこういう企画をやらなきゃいけませんよねぇ。
いや、もしかしたらこの動画に刺激されたどこかの放送作家がすでに企画書を書いているかもしれません(笑)。

月別リンク

#94 日本人好みの音楽を作る法則 オモシロ総研「もっと光を!」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる